読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『脇阪寿一の言いたい放題! 鈴鹿1000km直前スペシャル』 感想

2014年スーパーGT鈴鹿1000kmプレイバック放送

去年の1000km、思ってたより荒れてたなぁ。
レース内容ほとんど忘れてたせいか、割りと楽しめた。
今年はどうなるかな!

 

レースクイーンも言いたい放題!?

レースクイーンもなんだかんだで見てたけど、全員トーク力の無さが絶望的すぎた。
言いたい放題させるなら、もっと喋れるレースクイーンを連れてきた方が良かったんじゃないかなぁ。
レースクイーンに興味が無い俺的には、あの時間はいらない時間にしか思えなかった。
興味が無い人にも興味を持たせる。
そんなスキルを持ったレースクイーンが欲しかったかも。
と、ここまで書いてからふと思ったんだけど、そういうキャラを演じてる可能性もあるか。
それならあれでも正解なのかな。

 

脇阪寿一スーパーGT第4戦を言いたい放題!

やっぱり給油の件で松田次生が集中砲火浴びてる・・・!
実際どうなんだろうなぁ。
給油口~タンク間に何か工夫でもされてるのだろうか。
CR-Zのクールスーツについても色々あったんだなーと。
ただ、話を聞いてるとクールスーツ・・・というか冷却関係?は義務化しておいた方が良い気もする。
今のところ脱水症状とかで大きな事故は起きてないと思うけど、今後どうなるか分からないしなぁ。
安全に関わるところはしっかりしすぎなくらいがちょうどいいよね。
と言ってもそこら辺もしっかり考えて規則が作られてると思うし、思ったより大丈夫なのかな・・・?

 

鈴鹿1000km直前スペシャ

今の1000kmより、SGTと合体する前の1000kmの方が好きだったなぁ。
色んなクラスの車が走ってる頃が良かった。
話にも出てたチーム郷のAUDI R8は現地で見てたけど、あれは速かった。
決勝の1周目からGT500車両をストレート1個分くらい離して戻ってきた時はすげぇって思った。
あと、音が思ってたより静かだったのもよく覚えてる。
直6時代のGT-Rと同じくらいの音量だったかな。
あの頃みたいなお祭レース、またどこかでやらないかなぁ。

 

松田次生が語るF1日本GPの見所(仮)

やっぱり音は気になるなー。
悪いとは言わないけど、もっと迫力は欲しいと思う。
分かりやすい迫力のひとつとして、音は重要な気がする。
あとはなんだかんだでマクラーレン・ホンダには期待したい。
せめて入賞はして欲しいなぁ・・・今のままだと難しそうだけど・・・。
トークン使ったエンジンで、スパがどうなるか。
まずは今週が楽しみ。

 

まとめ

今回も面白かった!!
でも、タイムシフト視聴出来る期限が短すぎる!
第3戦の放送は10月まで見れるのに、今回の放送は今月の24日まで。
放送は大体2、3回くらい見るから、もうちょっと視聴期限長い方が助かる。
不満があるとしたらそれくらいかな!
次回、1000kmの言いたい放題も楽しみ!!